ホーム > 事業情報 > 教育開発事業

世界における先進国の担う役割は多岐にわたりますが、発展を目指す諸外国への技術移転やより豊かな生活を営むための基盤づくりも挙げられます。とりわけ、教育は人が社会で活躍するために欠かせないものであり、自らの発展にも大きく寄与するものです。ADAPTEXでは工学分野を中心として、既にエンジニアとして活躍している方々に対するスキルアップを目指した研修を、カリキュラム作成段階から実施します。これに加え、大学等の教育機関におけるエンジニアの育成に必要な教育要素を考えると共に、それらをベースとした教育課程等の提案もしております。

  

■技術研修業務遂行に際しては、十分な知識とそれらを応用して問題を解決する能力が求められます。技術研修を通して、技術レベルの向上や業務へ取り組む際の意識改善に貢献するとともに、開発途上国においては経済や産業の発展に大きく寄与します。



  

■調査・提案 開発途上国における基礎教育や専門教育の実施に際して、既存の教育機関や企業における教育内容や環境を調査します。その結果にもとづいて、各種提案を行い、途上国における豊かな社会の構築に寄与しています。




  

■開発 カリキュラムの内容は、学校教育や技術研修における効果的な知識の習得と効率的な学習効果を得る上で重要です。専門的なカリキュラムの開発のみならず、国内大学との連携による小中学校や専門学校における基礎的教育に関するカリキュラムも提案します。




技術研修スキーム理論と技術に加え、実務で得られたノウハウを効果的に組み合わせ、質の高い研修カリキュラムを構成しています。そのカリキュラムに基づき、実際の操業に欠かせない知識と技能を効率的に習得可能です。また、既存の研修のカリキュラムを依頼者の要望に応じて拡張し、独自のカリキュラムを構成することもできます。

事例:製油所技術研修 近代化が進む中東国の石油精製企業の運転員・計装・ユーティリティ担当技師に対して、最新のDCSにおけるプロセス制御技術についての研修を実施しました。また、国内の石油精製企業協力のもと、製油所視察などを通してリアリティーのある研修を実施しました。座学と訓練シミュレータ、そして視察をうまく併用し、知識力と即戦力を養います。